こんにちは、もんちりです。

デジカメ選びは一生続く、永遠のテーマでございます。

・これが欲しい!と思って実際使ったらイマイチだった。
・ コンパクトで軽くていい!と思ったら画質がスマホと変わらなかった。
・いざ一眼レフ!と思って買ったら、レンズに金がかかりすぎる。 

そう、デジカメを買うにあたり、一番の問題点は
『維持費がどれくらいかかるか』なのです。

最もお金がかかるのは、プロ向け一眼レフ。
プロは同じボディを2〜3台持ち歩いており、
レンズやフラッシュ、三脚なども合わせると
ものすごい大荷物。数百万のお金を常に
機材に対して使っています。

で、現実的なお話をすると、
普通にお金がかかるのが、アマチュア向け一眼レフや
一般人が使うミラーレス一眼の部類です。

キットレンズで満足できる方は、
一生レンズを換えないまま使い終わる可能性もあり
それで満足できるのであればアリかとおもいますが、
ボディの性能を全く発揮することなく終わります。

 そこで大抵の方は、明るいレンズを買い足します。
なぜならば…

・キットレンズでは暗くなるから
・キットレンズではうまくボケないから
・もっとプロみたいな写真が撮りたいから 

となると、下記のような金額がかかります。

何かしらのWレンズキット:6〜8万円程度
明るい単焦点レンズ1本:2〜3万円程度
合計:8〜11万円程度+保証や周辺機器

軽く10万ちょいくらいですね。
これでやっと、ボケにこだわった写真が
最低限撮れるようになります。

 では、ここからが本題です。

こんな10万もかけたくない場合はどうすれば良いのでしょうか?

答えは今のところ、1択です。
『センサーサイズの大きい高級コンデジを買う!』

レンズを交換する必要がなく、最初から明るいレンズを
搭載しているため、初心者にもとっつきやすく、
気軽にかっこいい写真が撮れるのです。

で、私が実際に使ってみた機種がこちら。

Panasonic DMC-LX100

lx100

 お分かりでしょうか?
ぱっと見、小さなミラーレス一眼のような風貌です。

んで、こいつのビックリするところは、
マイクロフォーサーズのミラーレス一眼と同じ
1インチよりも大型センサーを搭載しながらも、
F1.7はじまりの LEICA DC VARIO-SUMMILUX
ズームレンズを搭載しているという、
超高級機並みのスペックです。

それにして、お値段は6〜7万円台と非常にリーズナブル。
これ以上のレンズ交換代がかかることはありません。

プロが撮った写真は以下をご覧ください。
Panasonic LUMIX LX100|SHOOTING REPORT 

コンデジでこんな画が撮れるのは驚愕ですよね。
素人でも近いものは撮れると思います。

ただ、コンデジとはいえ非常に大きく、
サイズ感はEOS Mに近い感じですので
持ち運びにはご注意ください。

 私が撮った作例は、以下のような感じです。
(Google Photoで自動リサイズしています) 

子供のポートレート?笑

 IMG_0278

料理

IMG_0330

こんな感じで、被写体を主張した撮り方が可能です。
フルオートのjpgで撮ったので、
明るさやらピントやら、細かい部分は微妙ですが、
安物のコンデジや、ミラーレスのキットレンズよりは
良い写りをするのをお判り頂ければ幸いです。

長文お読み頂き、ありがとうございます。



人気ブログランキングへ