今回は、とんでもない対決をしてみたいと思います。
EOS 80Dレンズキット
Canonのミドルクラス一眼レフ『EOS 80D』
※レンズキットを自腹で買ってみました(すでに手放しましたがw)

color_01
SAMSUNGのハイエンドスマホ『Galaxy S7 edge』 
※docomo版 SC-02Hですが、海外版SM-G9350と同等品です。

2機種のカメラ性能を比べてみよう!
という超無謀な計画です。

どちらも2016年春に発表・発売されたばかりの最新機種ですが、
一眼とスマホでは勝負の相手にならないのでは?
という意見が大多数を占めると思います。

対決の舞台は、私が個人的に1週間
海外旅行で訪れた:シンガポールでございます。

ML-ISO100-80D

ML-SC

おっと!この時点で
どっちがどっちのカメラかわかりますか?笑

正解は、上側がEOS 80D(一眼レフ)、さすがの表現力です。
下側がGalaxy(スマホ)、より広角に写っていますね。

この時点で不正解だった貴方!ドキドキですねぇ…笑
さて、真剣勝負を始めましょうか。

その前に!対決の前に!センサーサイズが違いすぎます!!!

EOS 80DはAPS-Cサイズのセンサーを搭載しており
その大きさは、約22.3×14.9mmと超巨大!
スマホとは比べものにならなそうですね。
※ただしCanonは他社APS-C
約23.4×16.7mmより一回り小さめです。

で、スマホのGalaxy S7 edgeが搭載するセンサーサイズは
1/2.5inchなので、約5.7×4.3mm(コンデジより少し小さいくらい)

f479c5f8d5f8e813e398f8e9c908ebf8

参考までに、拾いモノの比較画像を貼っておきます。

単純に掛け算でセンサーサイズの数値を比べてみると、
EOS 80Dが332.27、Galaxyが24.51という結果に。
その差、約13.6倍も大きさに差(ハンデ)があります。

違いはセンサーサイズだけではありません。
EOS 80Dは写真を撮るために生まれてきた専用機であり、
今回使用したレンズもEF-S 18-135mm IS USMという
手振れ補正付き高倍率ナノUSM搭載の最新レンズ。
なんと、レンズだけで6万円以上します!


それに比べてGalxy S7 edgeはスマホについたおまけカメラに
豆粒より小さな単焦点レンズ…笑

あまりにも性能に差がありすぎるのは、説明不要の事実です。

そんなことは置いといて、実際にどれくらいの差があるのか
撮ってみた写真でご覧ください。

ちなみにEOS 80DはPモード(ほぼオート)ISOもオート。
Galaxyはもともとオートなので、AUTOで撮影しています。

つまり、どちらも全く設定をいじっていない
ほぼ同設定(AUTO)での勝負です。

ただし、旅行を楽しみながら合間で撮影したので
両方のカメラで同じ被写体を2度撮るのは困難でした。
撮っている被写体が違うのは、どうかご容赦ください。

ノイズの出方や、精細さ、ボケ具合など
総合的にご判断・お楽しみ頂ければ幸いです。

【注意】
ちなみに、アップされる画像はフル画質ではなく
Googleフォトと当ブログの仕様で、サイズ・画質共に
かなり圧縮されておりますので、ご了承ください。

ということで、あくまでも参考程度に
比較勝負をお楽しみくださいませ。


【食物編】EOS 80D

EOS飯-ISO200
EOS 80D (ISO200)

EOS飯-ISO800
EOS 80D (ISO800)

EOS飯-ISO1000
EOS 80D (ISO1000)

EOS飯-ISO1600
EOS 80D (ISO1600)

さて、どうでしょうか?
クルーズ船のフードコートで撮影した画像です。
一眼ならではのボケ味と表現力がお分かりになりますか?
ま、オートだし高倍率ズームなので、ボケ味は弱いです。

さて、スマホいきますよ。

【食物編】Galaxy S7 edge

SC飯-ISO50
Galaxy S7 edge(ISO50)

SC飯2-ISO50
Galaxy S7 edge(ISO50)

SC飯-ISO200
Galaxy S7 edge(ISO200)

SC飯肉-ISO200
Galaxy S7 edge(ISO200)

これらは船内レストランでの朝食と夕食です。
しかしGalaxy、食べ物が綺麗に撮れますねぇ。
表現力やボケ味は、一眼レフに遠く及びませんが、
単純に美味しそうに撮る力、そして気軽にレストランでも
使える機動力はスマホの方が上ではないでしょうか?

Galaxy S7 edgeのレンズは、ズームが出来ない単焦点ですが
F1.7と非常に明るいため、ISOが無駄に上がらず好印象です。

それでは、もっと過酷な実験行ってみましょう。
センサーサイズの違いが顕著に現れ、
スマホが最も苦手とする分野…
高感度域での撮影:夜景(ほぼ暗闇)です。



【夜景編】 EOS 80D

ISO12800
EOS 80D (ISO12800)

ISO16000
EOS 80D (ISO16000)※ISO上限値

この一眼レフ、オートではすごくISOが上がっちゃうんです。
上限を3200や6400にしておけば良いのですが、
手持ち夜景は結構キツイので、上限を16000目一杯に
設定しておくと、このような結果になりました。

最新のミドルクラス一眼レフとはいえ、
私のような素人がAUTO(Pモード)で
撮影するとこのようなノイズ満載になります。


悔しいので反則技を使ってみました。

ISO200(夜景モード)
EOS 80D (ISO200)※SCN夜景モード・4枚連写合成結果

身体全体を船の手すりに固定し、脇をしっかり閉めホールド。
そしてAUTOモードではなくSCNモードに切り替え
4枚連写合成でノイズを減らす、夜景モードで撮ってみました。

こうすれば、超絶綺麗でノイズレスな写真が撮れました。
ただ、正直めんどくさいですね!笑
全く気軽に撮れません…

写真を撮る行為が好きで仕方ない方には
良いかもしれませんが。


【夜景編】 Galaxy S7 edge

 ISO640-SC
Galaxy S7 edge(ISO640)

ISO800-SC
 Galaxy S7 edge(ISO800)

ISO1000-SC
Galaxy S7 edge(ISO1000)

こちらは、Galaxy S7 edgeの防水性能を活かして
ホテルの屋上プールに持って行って撮った写真です。

スマホでこのノイズ感、いかがでしょうか?
私個人的には、ギリギリ許容範囲内かな??

正直、表現力や立体感などは微妙ですが、
必要にして十分な高感度性能だと思います。
※今回は相手が悪いので、ノイズは勝負になりませんね笑


ということで、今回は食べ物と夜景
2つのシーンで比べてみました。

私の個人的な結論と致しましては
表現力や立体感を重視するなら一眼レフが必須です。
ただし、私のような素人がAUTO(Pモード)で撮ると
今回のような写真しか撮れませんので、
きちんと設定を変えながら本格的に撮影した方が
より綺麗な写真が撮れると思います。

機動性(気軽さ)、防水性能、ある程度の高感度
を重視するなら、スマホで十分じゃないか?

特にこのGalaxyに搭載されたSONY製センサー
IMX260と、F1.7レンズ性能はすばらしい!!!

と思います。

一応、どちらの機種もすばらしいので
下記にリンク貼っておきますね。



⬇️Galaxy S7 edge SIMフリー版
端末のご購入はコチラからから可能です⬇️

(SM-G9350が、上記記事内のGalaxy S7 edgeです)
docomo版正規価格より2万円近く安いのが魅力ですね。
エクスパンシス
SIMフリー版(SM-G9350)は技適がありません。
自己責任の上でご購入ください。
(ただし、海外旅行などで使う分には問題なさそうですよ!)
 
※2016.9.12追記
 S7 edgeは長期品切れ中でしたが、先ほど見たら
 無印のS7ホワイトと、シルバーのS7 edgeが復活
 数量僅少ながらしていました。
私も無印S7買おうかな…
 iPhone7にも負けないF1.7の明るいレンズは必見ですね!!!

ということで、こだわりのある方
写真を撮る行為が好きな方は一眼レフを。
特に今回使用したEOS 80Dは
追尾AF性能が非常に優秀でお勧めです。

気軽にパシャパシャとスナップして、
ブログやSNSにアップすることが中心の方

Galaxy S7 edgeを強くお勧め致します。
ただし、所詮スマホカメラなので夜間ノイズは盛大です。

ではでは。