【緊急速報!】
真の神機Galaxy S7 edgeSnapdragon820版が
降臨(expansysで在庫復活)した模様です!!!!!

急いで記事化しました!
【緊急速報】Galaxy S7 edge(SM-G9350)が入荷してる!!!

ご興味のある方は、お急ぎください。
エクスパンシス



以下、オリジナル記事です。

先日、春のおとりかえ割でゲットし
Amazonで色々と周辺機器を揃えたiPhoneですが
使用開始から約1ヶ月で手放すこととなりました。

え?また機種変更すんの!?
何でiPhoneの現行最強機種を今手放すんだ!??

nweiphone7leakornot
ごもっともです。iPhone SEや7(仮)も未発表の今
現時点では最強スペックとされるiPhone 6s Plusですが…
実際に1ヶ月使うと、私の要求を満たすには程遠いものでした。 

私のスマホ歴は、iPhone 3Gから始まりました。
topic_iphone_3g


※PHSのW-ZERO3等も持っていましたが、
全くスマートではないのでカウントしません(笑)
willcom_es_wx_02


周りの9割以上がガラケーの時代に
新しいもの、珍しいものが好きな私は
速攻でSoftBank版iPhone 3Gを発売日に買いました。

友達からは何あれ?と、冷ややかな目で見られ、
当時、付き合っていた彼女からは会うたびに鼻で笑われ 、
上京してきた友人と観光がてら面白半分で立ち寄った
秋葉原のメイド喫茶では 逆にコッチがネタにされました(笑) 

その後、3GS、4、4Sと進化するうちに、ガラケー勢は徐々に減り
タッチパネルへの抵抗感も大幅に改善、iPhoneが一気に普及し始めると共に
Androidの進化も加速し、世の中には『スマホ』という言葉が生まれました。

そして、4Sの発売を最後に、生みの親であるスティーブ・ジョブズ突然の逝去。
やがてiPhone5が発表され、アイコン1列増加に伴い、縦長に大型化しました。

20150926025036
5、5c、5s、6、6Plus、6s、6s Plus…
どんどんと大型化していくiPhone。
それと共にスペック(内面)も向上していきました。

人気は6、6s(2014〜2015年)あたりをピークに
その人気や台数は最高潮となりましたが、

BendTest-e1411507217560
6シリーズのベンドゲート問題

blog-image6-640x309-e1444357052176
6sシリーズのチップゲート問題など…

超大量生産が仇となった数々の大問題が発生し
話題になったのも事実です。

私自身、両方の問題をリアルに体験・直面し、
ジョブズ死後のAppleに疑問を持ち始めました。
※Apple Care + のサポート体制が
 今も最高峰なだけに残念です。


前置きが長くなりましたが、私がiPhone 6s Plusを
たった1ヶ月で手放した理由を下記に綴ります。

【警告】以後、一部の現Apple信者には
 不快な内容が含まれる可能性がありますので、
 この時点で引き返すことをお勧め致します。



理由:みんな同じだから。

うちの会社では、社員の約半数がiPhoneです。
勤務中は、携帯置き場に個人の携帯を預けています。
傷つけたくないから、みんな何かしらのケースに入れていますが、
ケースを取れば、どれが誰のiPhoneかほぼ分かりません。

新色のローズゴールドに至っては、私も含む『目立ちたがり』が
こぞって購入し、ピンクのiPhoneが何台も携帯置き場に置かれている姿は、
非常に滑稽に見えました。

しかも自分が大嫌いな奴が、私と同じローズゴールドを使用していると
目で見て知った瞬間、私の中で何かが音を立てて壊れ、虫唾が走り、
一気に愛着がなくなりました。

新しいiPhoneを持っているから、新色を持っているからといって、
優越感に浸れたり、話題にしてもらえたりする時代は、
もうとっくに終わったような気がします。

つまり、iPhoneは普及しすぎたのです。
おとなも、こどもも、おねーさんも…(MOTHER2風w)

Appleは大手キャリア3社に対して、尋常ではないノルマを課せました。
そのノルマを必死にクリアしようと、キャッシュバック&値下げ合戦が始まり
かつては元祖スマホであり、すべての頂点であったはずのiPhoneは
日本人誰もが気軽に買える値段の普及機に成り下がったのです。

ユニクロのフリースやUT(Tシャツ)と同じです。
大量に作りすぎ、誰もが皆持つようになれば
人と同じものは嫌、かぶりたくないという気持ちが先行します。
それがどれだけ素晴らしい機械や体験であっても、私には無理です。

6s Plusのローズゴールドなら!と思って先日機種変更しましたが
それも愚かな考えでした。実際、周囲はローズゴールドだらけです。

ちなみに、iPhoneを超える機種は、いくらでも日々生まれています。
それがあまりにも規模の大きいiPhoneの陰に隠れているだけです。

私自身、中国製のSIMフリー機や、GoogleのNexusシリーズ
FREETEL 極、父親から譲り受けたGalaxy S4など、
ここ数ヶ月のうちに10台以上のスマホを使用してきましたが…
ベスト端末は、残念ながらiPhoneではありませんでした。

先日紹介し、このブログでも一番人気の記事となった
ZTEのAXON mini(AndroidのSIMフリー機)が最も良い例です。




大画面の有機ELフルHD液晶、航空機に使われる丈夫なアルミ合金ボディ、
3GBメモリなど、最近トレンドの高スペック部品をうまく組み合わせて
4万円を切る価格で非常に満足度の高い端末に仕上がっています。

4万円を切るということは、価格だけで比べれば
iPhone 6s Plusの約3分の1です。

かと言って、iPhone側に3倍の価値があるとは到底思えません。


ということで、機種変更を決意し
価格もこなれた運命の機種に出会いました。

それがコチラ。
Xperia-Z5-Compact-Expansys
SONY Xperia Z5 Compact(E5823)
グローバル版 SIMフリー です。

本当はホワイトが欲しかったのですが、
私が買った当時はグラファイトブラック(一番右)
しか在庫がなかったので、深く考えずにポチりました。

今思えば、ブラックって結構人気色だったようですね。
ものの数分で、気付いたときにはSOLD OUT状態でした。
その間、わずか数分間です。迷ったらとりあえずポチりましょう!
※どう考えてもdocomo版よりメリットが大きいので。

当時の価格は50,900円+送料+税金
=合計:55,000円を切るくらいです。

正直、この価格って
ちょっと高スペックな
中華スマホレベルですよね。

Google Play Store正規のNexus5xと同等、
Nexus6p(32GB/64GB)よりは数万安いです。

さらにiPhone 6s Plusと比べたら半額以下ですよ。
最初からこっちを買えば苦労せずに済んだのに…

肝心の使い心地、実際のレスポンスは
iPhone 6s Plusに全然負けていません。
詳しくは私の価格.comレビュー
ご覧いただければ幸いです。

今はまだ、色によって在庫あるみたいなので、
欲しい方は下記から飛んでいけますよ。

expansys日本語版(香港)の公式リンクです。

[海外SIMフリー] 人気のSony Xperia 最新機種販売中!

私自身初めてで不安でしたが、カード決済やPayPalも使え、
日本語が完全に通じ、1年保証も付いているので安心です。

01
さらに、ヤマト便指定で注文してから
香港発送→日本へ。
自宅の玄関先まで2〜3日程度で届きました。

Fedexならもう少し速いかもしれませんが
ヤマト運輸の国際宅急便なら、日本の通関後に
時間帯指定を変更できるのでオススメです。

現在は、私が買った約1週間前よりも
数百円程度高くなっていますが、
次世代機種のXperia X Performance、X、XAシリーズに
このようなコンパクト版が発表されていないことから
このサイズ感が欲しい人は、最後のチャンスかもしれませんね。

まだ使い始めたばかりですので、追って
詳しくレビューさせて頂きます。

ではでは。