【2017.4.13追記】
SIMフリースマホ最強のカメラ体験をしたい方は此方へ↓
【速報!随時更新】最強Leicaカメラスマホ Huawei P10 Plus


【2017.4.12 重要追記】

速報です!NTT-X Store様にて
AXON miniが超特価:14,980円(税込)
にて数量限定で復活販売されています!!!
(発売当時の定価は4万円弱ですよ…切実)

おそらく今が底値で在庫限りの販売でしょう。


↓下記画像リンクより飛べますので使ってください。

イオンゴールド


クロームシルバー


さて、この端末の使い道。
1年ちょっと前のミドルレンジSIMフリースマホ
ということで、メイン端末を持っている方が
サブ機として運用するには最適だと思います。

とはいえ現在、新機種として売られ、人気No.1スマホ
2万弱クラスのHUAWEI nova lite辺りと比べても
有機EL液晶搭載や、安定したカメラ性能とバッテリー持ち、
航空機に用いられるアルミチタン合金製の本体など
スペック的には上なので、非常にお買い得です!

実際にMVNO運用するとなると、現時点では
SNSし放題のLINE MOBILEか、はたまた
YouTubeとか見放題のBiglobeか迷いどころですね。


以下、元記事です。

--------------------------------------------------

以前、freetel 極のネタを書いてから
結局、極を手放してしまいました。 

理由は以前お話しした通り、
・異様に熱くなる(想像を絶するほどすんごく熱い)
・すぐに曲がる(そして手で元に戻るほどのヤワなボディ)
・新品なのに、何箇所もキズが付いている(論外)

つまり

高スペックを安価な端末に詰め込んだ結果、
無理なコストダウンを追求した結果、
結局無理が生じて破綻してしまった状態
でした。 

で、格安スマホは、高スペックでも信じられん! 

ということで、数万円プラスして(思い切って)
GoogleのNEXUSシリーズ現状最高峰
Nexus 6P』に乗り換えたわけです。
huawei-nexus-6p-screenshot
これで全てが安泰だ、さてレビュー記事でも書こう…
…と思ったのも束の間、またしても同じ事態が…

あまりにムカついたので、写真を撮る気にもならず
残念ながら証拠写真は載せられませんが、結構ひどい状態でした。

私は、グラファイト(黒色)の64GBを
約8万円で購入(正確には香港のストアから輸入)したのですが…

やっぱり、新品なのに傷があるじゃないか!!!

※具体的に言うと、黒いバンパー部分に何箇所も塗装ハゲ(欠け)があり
 至る所にアルミの銀色素地がポツポツとと見えている状態でした。


せっかく数万円足してもHUAWEIだけに中華は中華か!怒 
もうちょっと足せば、iPhone 6sが買えちゃう値段なのに!!

怒りを抑えながらも、Googleストアに即連絡して再購入処理を行い
新しい製品を2度送ってもらいましたが、状況は何も改善されず。

呆れて、サポートセンターの担当者さんに尋ねました。

Q:新品なのに傷が何箇所もあるんですけど、ちゃんと最終検品してますか?

A:えぇ、検品は行っております。検品時に細かい傷がついてしまうんです。
   つまり、本体に傷があるのは仕様です。ご不満なら返品してください。(一部抜粋)

開いた口がふさがりませんでした。
呆れ果てて、それ以上争う気力を失いました。

いっそのこと、Googleサービスを全て断ち切って
Apple信者に戻ろうかとも考えました。
 
検品とは本来、お客様へ出荷しても良いものかどうか
傷や不具合がないかを調べ、不良品を弾くためのものです。

検品で逆に傷がつくとは言語道断。二度とHUAWEI製品は買いません。

でも、NEXUS 6Pにも良いところはたくさんあります。

2016年1月現在で、これを超えるスペックのスマホはないと思うほどに
カメラは綺麗だし、処理は速いし、snapdragon810なのに全然熱くならないし、
充電めちゃ速いし、どっちも挿せるUSB type-Cだし、液晶は超絶綺麗だし…

ホントにホントに最高でした。(背面デザインだけは変!笑)

でも、絶対に許すことはできませんでした。
傷を仕様だと言い切るGoogleもHUAWEIも同罪です。
今後、購入する消費者のために、検品精度の向上を期待します。

というわけで、短い間でしたが
Nexus 6Pともお別れしようと決意しました。

さて、今後のスマホをどうするべきか。
いくつか候補が挙がりました。


※docomo SIM運用を前提としています
 MVNOではなく、本家docomo SIM。


1:Xperia Z5 Premium(SONY / docomo SO-03H)
hero
スペック最高、カメラ最高、ただし機種変更はとんでもなく高い。
本体代金は93,000円オーバー。なのに月々サポート900円ちょっと…涙
私事ですが、現状多くの月サポ(2台シェア合計:約4,600円/月以上)
を頂いているので、月サポが減る機種変更は、どう考えても不利なので却下。
※普通に機種変更やMNPする方には超絶お勧め機種です。4K最強。


2:Nexus  5X(LG / SIMフリー)
5x-sweet-mobile
Nexus 6Pの弟分。しかし、私の嫌いな韓国LG製品…
そして有機ELの鮮やかさに目が慣れてしまって、
淡い色合いと、普通すぎるスペックのコイツは却下。
あえてNexusにこだわる必要はないと感じたのです。


3:AXON mini(ZTE / SIMフリー)
zte-axon-mini-with-force-touch-goes-on-sale-for-360-494320-2
ZTEって何?どこの会社? …また中国かよ!!笑
でも何だか気になる、ダメ元でとりあえず買ってみよう。
そんな軽い気持ちが、 ZTE AXON miniとの最初の出会いでした。


◆購入前の印象

・どうせ中華スマホだから、新品でも傷があるんだろうなぁ…

・ZTEとかあんまり聞いたことないし、大丈夫だろうか…

・freetel 極みたいに、4万を切る価格に高スペック詰め込んで
 無理が生じてるんじゃなかろうか(熱くなる、曲がる等)


で、注文してから2日程度で届きました。
IMG_20160111_210520
おっ、意外にオシャレな箱!
freetel 極の時みたいに、箱に傷もなく
非常に好印象です。

IMG_20160111_210612
パカッと開けてみると、いきなり本体は登場せず、
金箔プリントの白い箱が登場。
この中には説明書やら、SIMカード取り外すピンやら
色々と入っていました。

IMG_20160111_210703
説明書の入った箱を取り除くと、本体が登場。
液晶保護フィルム(仮)が貼られていますが、
ホコリがたくさん混入していたので、
速攻剥がして、綺麗に拭き取りました。

IMG_20160111_210730
本体を取り出すと、充電ケーブルとアダプタが登場。
出力DC5V 1,000mAなので、どうやら急速充電タイプではないようです。
もう1段階外れそうでしたが、これ以上箱は外れず。
無駄に上げ底していますね笑 もっと箱を薄く作れたような気が…

BlogPaint
嫁のiPhone5sと並べてみました。ゴールドの色は非常に似ています。
一回り以上大きい感じですが、薄さはAXON miniの勝ち。
デュアルカメラかと思いきや、下側はフラッシュです。
背面でモザイクかけてる部分はIMEIが2番号分シールで貼られています。

IMG_20160111_211155
 表側はこんな感じ。※この写真は液晶保護フィルム剥がす前です
驚いたのは、本体の面積に対して、画面占有率がすごい!
端っこの方まで殆どタッチパネルです。
上下のトライアングルデザインが個人的にはお気に入りです。

BlogPaint
SIMカードはnanoSIMサイズで1番(左側)にはめ込みます。
2番のスロット(右側)はmicro SDXCカード(128GBまで)か
もう1枚nano SIMカードを挿すことも可能だそうです。

…と、こんな感じで写真を撮りながら外観チェックしていたんですが…

全然傷がない!綺麗!!

今まで、freetel 極やNexus 6Pで
あれだけ苦労して販売店様やメーカーと
モメたのは一体何だったのか。
今思えば、本当に時間と労力の無駄でした…

新品だから傷がないのは普通なんですが、
普通がいかに有難いことか、思い知りました。

ちゃんと検品してるってことですね。
ありがとう、ZTE。

ちなみに本体の素材は、型番まではわかりませんが
航空機に使われる強度の高いアルミ合金を使用しているそうで、
曲げ強度もかなり強いと噂で聞きました。
これは嬉しい限りです。

アルミの表面は、iPhoneシリーズよりも少し
ザラザラしていますので、もし裸で使用しても
スレ傷等も付きにくそうな印象です。
 
IMG_20160111_211711
いざ起動!
有機ELは素子自体が発光するため、
黒い部分が白っぽく光らず綺麗です。
※ちなみに液晶のドット欠けや滅点もありませんでした。

IMG_20160111_211905
 Androidのバージョンは5.1です。十分です。
さて、初期設定を始めましょう。

IMG_20160111_212042
 今までと同じように、SPモードでAPN設定を…

IMG_20160111_212052
は?反応しない。なんで??
ググっていろいろ調べてみましたが、無理でした。
ドコモの151に問い合わせたところ

『spmodeのAPNは開放したが、機種により
 moperaしか使えない物もある』 

とのことだったので、ついでにmopera U契約してみました。

mopera U スタンダードプラン月々500円+残してあるSPモード300円
=合計800円/月かかると思いきや、セット割で各150円ずつ割り引かれ
結局mopera U分の価格(500円+税)しか請求されないとのこと。

なんだか面倒くさいので、とりあえずSPモード残しました。
いつかまた使うかもしれないし、請求されないし。
両方契約してても、+200円程度だし。

mopera初体験なので、テストの意味も込めて
これでしばらく運用してみます。

IMG_20160111_213625
アップデートしてみましたが、既に最新でした。

BlogPaint
で、すっごい分かりにくいんですが、箱の中に
ハードケース付いてたので、とりあえず装着してみました。
可もなく不可もなく、安っぽいポリカーボネートのケースです。


ま、そんなこんなで使い始めたわけですが、
最初にAPN設定でつまづいた以外は、すこぶる好調です。

そりゃ、フラッグシップモデルのNexus 6Pに比べたら
あそこまでヌルヌルサクサクとはいきませんが
ものすごく意外な誤算がありました。

とにかく軽いんです!!!
5.2インチ大画面、フルメタルボディなのに
わずか132gしかありません。

ちなみに、公式発表では
iPhone 5sが112g(これには勝てませんw)
iPhone 5cが132g(これと一緒!)
iPhone 6sが143g(これより軽い!!)
iPhone 6s Plusが192g(圧勝!!!)

というわけで、iPhoneシリーズに比べても
圧倒的に軽くて大画面です(しかも有機EL:AMOLED)。

W020151219616532372862
ちなみに、初期のアイコンやランチャーは
とんでもなくダサい&使いにくいので、
どうにかしようと試行錯誤したところ…

IMG_20160111_215630
Google Nowランチャーを使ってNexus風にしてみました。
この写真を撮った後、カメラはGoogleカメラに変更。
ギャラリーはGoogleフォトに統一するなどして、
中華な匂いを出来る限り消してしまいました。

あと、他の人のレビューを色々ググっていたら
日本語表示がバカ! 変! 片言!
2ch等で散々書かれていましたが、いまのところ
気になる箇所はありません。

多分、ZTE純正アプリ周りのせいでしょうか。
Googleアプリやサードパーティ製しか使わない私には
日本語の表現や文法的にも、何の支障もありませんでした。


ということで、これからしばらく使ってみたいと思います。
公式Webサイトはコチラ




ではでは、この辺で。

追記:1/12(火)夕方頃、アップデート来ました。
純正カメラアプリ等の改善や、言語表現の変更っぽいことが書いてあったので、
日本語の表現(表示)部分が多少変わったのでしょうか?


追記:1/14(木)Amazonで買ったTPUケース&
   保護フィルムを装着してみました。



IMG_1553
 蛍光灯が写りこんでおりますが、非常に透明感の高いケースで
端末と触れる裏面にはディンプル加工(細かいドットがびっしり)
になっているので、TPUケースにありがちな貼り付きは皆無です。 

IMG_1554
液晶保護フィルムも、まるで貼っていないかのように綺麗で
輝度や彩度を邪魔することもありませんでした。


これです。微細な傷なら知らぬ間に消えています。
まるで魔法のような保護フィルムです。

サイズはもちろんぴったりサイズですが、AXON miniのガラス自体
iPhone6シリーズのように端がラウンドしているので、
フィルムサイズは、ほんの少し小さめに作られています。

IMG_1555
どれだけ広視野角か実験するために、ほぼ水平方向から撮影してみました。
色味も輝度もまったく変わらず、ありえないほど広視野角です。
このAMOLED、本当に凄いと痛感致しました。 

また何かありましたら、追記します。
お気軽に、どんどん質問ください! 


 追記:1/15(金)AXON miniはNFC非搭載でした。
今朝ふと設定いじってたら、NFCやAndroidビームの項目が無い!
今更気付いたくらいなので、さほど重要なことでは無いのですが…

もし、AXON miniの購入を考えている方で、NFC対応機器との
連携を予定されている方は、無理です。出来ません。
おとなしく、高い金額を払って他の機種を選びましょう。
※日本未発売のAXON Lux、Proなど上位機種では
 搭載されているようです。

私的には 、デジカメとの連携はEyefiカード(自動転送)だし、
NFC対応のヘッドフォンやホームシアター(SONY製)も持っていますが
ほとんどNFC連携機能使ったことないし、全く無問題でしたけどね…笑 


【1/29追記】
コメントにて、カメラとバッテリーについての質問がありましたので
私個人がわかる範囲で、実写画像と情報をアップさせて頂きます。
※約1,300万画素(12.6MP)本体アウト側カメラです。
IMG_20160117_181104
車ディーラー、室内撮影(夜)
f/2.21/50 3.46 mmISO 174

IMG_20160117_175915
 車ディーラー、屋外撮影(夜)
f/2.21/20 3.46 mmISO 1228 

IMG_20160117_190957
車内、ほぼ真っ暗闇で液晶画面を写した場合
f/2.2 1/333.46 mm ISO 1087

IMG_20160123_075751
朝8:00頃に撮影した朝うどん
f/2.21/25 3.46 mmISO 1176

いかがでしょうか?
私個人的には、スマホでここまで撮れれば十分
かと思いますが…これで満足いかない場合は
Wi-Fiで一眼等のカメラから転送しちゃえばいいわけで…

参考までに他機種の実写画像も貼っておきましょう。
※画素数の関係によりGoogleフォトが自動圧縮をかけています。
   完全に正確な比較にはなりませんので、雰囲気のみご確認ください。

IMG_20160110_150623
Nexus 6Pで撮影した松江城
12.2 MP4032 × 3024 1.4 MB

IMG_20151124_203312
FREETEL SAMURAI 極(FTJ152D)で撮影した讃岐うどん
f/2.21/33 3.5 mmISO 113

1000007
一眼レフ:Nikon D5500(キットレンズ)で撮影したニャンコ
f/5.61/60 55 mmISO 800

1000024

LUMIX GMC-GM5(キットレンズ)で撮影したZTE AXON mini
f/4 1/6017 mm ISO 640


いかがでしたでしょうか?
流石に、本格的な一眼レフカメラのNikon D5500や
小型ミラーレス一眼で人気のGM5には負けますが、
ZTE AXON mini、暗い中でも朝でも、様々な環境で
ノイズや不自然な点も少なく、検討していると思います。


まず大前提として、本気で綺麗な写真を撮りたい、
ずっと保存していきたい方は、スマホカメラだけに頼らず
一眼レフかミラーレス一眼を買って撮り、転送しましょう。

スマホのカメラがいくら頑張ったところで、
センサーサイズとレンズ性能の差がありすぎて
ちゃんとした一眼に勝つ事はまずあり得ません。


あと、バッテリーの件ですが
私の使い方を簡単に説明します。

・朝〜夜寝る前まで液晶は最高輝度(自動調整モード)
・午前中は車内で20分程度音楽を聴き
・昼休みに10分程度ゲームをします
・夜家に帰ってから、ネットやゲームをします。
※ゲームはMHXR(モンハン)です。3Dで結構重いやつです。

肝心のバッテリーの状況ですが、
寝る前に充電しているので、朝一番はもちろん100%
お昼休みに携帯を触る頃合いで90%前後
夕方頃に70〜80%まで落ちますが安定しています。

家に帰って長時間触ると50〜60%台まで落ちます。
※Amazonプライムビデオを数時間を見ると
  30%台まで落ちることもありますので、
  このような時は、前もって電源に繋ぎます。

【結論】:普通に持ちます。

極端に心配するようなことはありません。
むしろ、Nexus 6Pや極よりは緩やかな下がり方です。

以上、ご参考になれば幸いです。