どうも、風邪っぴきのもんちりです。

頭がぼーっとしながらも
予定通り換装作業しましたよ!

今思えば、思ったより簡単ですね。
最初は爪外すのに、液晶ガラス割れないかと
ドキドキしていましたが、1回やると余裕です。

ということで、少し振り返ってみたいと思います。

 さて、本体が届きましたよ。
SONYの真っ黒い箱にピッタリサイズで
外箱が用意されています。

IMG_0507


で、開けてみてセットしてみました。
どーん!!!

IMG_0470


部屋のLED照明を暖色系にしていたら
だいぶムーディーな感じになっちゃいました笑 

さてさて、開けますか。

…の前に、やる作業があります。


1:買ったばかりのSSDをフォーマットしておく。

SATA-USBケーブルを使用して
SSDを外付けし、フォーマットしておきましょう。
きちんとフォーマットしてから使用しないと、認識しません。


2:リカバリーディスクを作っておく。

最近はBlu-ray DiscやUSBメモリにリカバリーディスク作れます。
速度や利便性を考えてUSBメモリの方がオススメです。
 

ではでは開けていきます。

あ、お約束ですが。
ここからの作業を真似して実践して、失敗されても当方は一切の責任を負いません。
全て自己責任にて宜しくお願い致します。

IMG_0488

背面の排気口(吸気口?)に見えるこの部分に
シークレットなカバーがありますので、取ります。

で、こう!

IMG_0489

 マイナスドライバーで優しく押すと
ぺこん!って取れて、中からネジ登場。
で、ネジを外します。

IMG_0490

ここからが重要。
ガラスと筐体を引き剥がすのですが…
隙間が非常に狭い!!!

竹串をいきなり使うのではなく
爪を軽く入れて隙間を作ってから、竹串挿入。
で、竹串をゆっくりスライドさせましょう。

爪だけで外れそうだったら、それでOKです。

IMG_0491

 
竹串は出来れば、先端を平らにカッターで削ってもいいかも。
ただし折れやすいので、複数本用意してください。

んで、全体的にパキパキと音を立てて
上下左右、四面の爪を全て外します。

パカッ!!!

IMG_0492
 
以外とすんなり開きました。

あ、一番にやるべきこと。
バッテリーが外せない当機種では、通電したままになるので
電源をオフしちゃいましょう。
(閉めるときに、再びONするのを忘れずに!)

IMG_0498


で、問題の部分に行ってみましょう。
そう、メモリとストレージが刺さっている部分です。

IMG_0493

そう、ここです。
左がメモリ、右がHDDです。

メモリは絶縁用のシールを剥がしてから交換しましょう。

IMG_0496


HDDが付いている部分は、ネジで外してケースをSSDのために再利用しましょう。

IMG_0495


この辺は誰もが普通に外せると思うので
割愛させていただきます。
 
で、付け替えたらこんな感じです。

IMG_0497
 
8GB×2枚のメモリは、ノートPC系では最大級。
迫力ありますねぇ…

SSDはケースに包まれているので全く見えません。
元々のHDDは7mm 厚なので、通常のSSDがすんなり付きますが、
SSHDや大容量HDDが良い方など、9.5mm厚も行けそうですよ。

 で、逆の手順で閉めて行って…
早速計測してみましょうか。

フルにSSDの速度を利用するため、
SSD付属ソフトのSamsung Magicianを使用し、
設定をちょこっといじります。

SSDメーカーの純正ソフトなので、壊れる心配もないですし
安心して弄れますね。(他にも2〜3種類の最適化メニューがありました)

Samsungのサイトへ飛んでみる!

MAGICIAN


・エンハンスドRAPIDモードON(メインメモリの一部をSSDへ)
・SSDに最適化(パフォーマンス優先)だったかな?
など

で、測定した結果…

ベンチマーク


え…!?????

よんせん…ごせん…!!!??? 

目を疑いましたが、
こんな感じで爆速になりました。

スコアもこんな感じ。

RAPID MODE

プライマリディスク:8.2!!!!!!

えー、以上です。 


人気ブログランキングへ