◆最新記事はこちら
【速報!随時更新】最強Leicaカメラスマホ Huawei P10 Plus(VKY-L29)

◆12/26追記

SONYの最強コンデジ:RX100V
(DSC-RX100M5)とカメラ対決しました!
http://mch.blog.jp/archives/14853481.html
宜しければ、ご参考までにご覧ください。

ちなみに、iPhone 6s VS RX100Vはこちら!
http://mch.blog.jp/archives/13515899.html

以下、元記事です。

-----------------------------------------------------------

こんにちは!

最近、会社で調べ物をしながら
LINEや電話を使う機会が増えました。

PCの前に居るときは、PC見ながら
電話したり出来るので良いのですが
目の前に何も無い場合、スマホ1台で
調べながら話しながら…って面倒臭い!

ということで、最近勢いを伸ばして居る
LINE MOBILEを検討し始めました。

LINEモバイルには、有名SNSをカウントから除外する
カウントフリーという機能が2種類から選べるんです。

まずはLINEフリープラン。
月額500円〜でLINEが使い放題!
その他データ通信は1GBまで高速。
というプランです。

このプランでも、仕事上は良かったのですが
せっかく使うなら下記のプランにしよう!と。

コミュニケーションフリープランです。
LINEに加えて、facebook、Twitter、Instagram
合計4つのサービスが、カウント対象外
になります。
で、その他データ容量は3/5/7/10GBから選べて
月額1,110円〜。これは安すぎるでしょ。

私は迷わず、コミュニケーションフリープランを選びました。
で、いざ契約しようとすると…
『エントリーコードの有無を選択してください』

え?

エントリーコードって何?
みんな既に持ってたりするの?
ググったら拾えるの?

様々な憶測が頭を駆け巡りました。
そして数分後、辿り着けました。

Amazonで売ってたw

【データ通信用】※私はこちらを購入


【音声通話+データ通信用】


要はコレ、何かと言うと
新規手数料の3,000円ちょっとを節約できるという
謎の英数字が書かれた厚紙の封筒です。
IMG_2211
ただ、このコード自体が990円くらいするのと
この封筒の中にSIMカードが入っているわけでは無い
(ただ、暗号のようなコードが入っているだけ!)です。

すぐ開通してくれ!今すぐ使いたいんや!って方は、
大人しく新規手数料払った方が話が早いです。

ちなみに私は、以下のような手順でした。

1日目:Amazonにエントリーコードを注文
   (Primeのお急ぎ便で)
     ↓
2日目:翌日、エントリーコード着。
    開封してPCから申し込み
     ↓
3日目:さらに翌日、LINE MOBILEのSIM到着!
    APN設定を済ませてスマホ開通!

という感じなので、Amazon Primeのお急ぎ便を使っても
1日余分にかかります。その点ご注意ください。

ちなみに端末は…LINE MOBILE内に魅力的な
端末が無く、自分で入手しようと決意しました。

もしどうしても1台選ぶなら、HUAWEI P9 lite かな?
45
なんと、太っ腹に1万円引きセールやってます。
ただし売り切れまくってますので、
私が見た時はブラックしかありませんでした。

そして何より一番の大問題!以前書きましたが、
私はHUAWEIが嫌いなんです!!w

過去記事:


Nexus 6Pの新品なのに傷だらけ問題と
Googleサポートの態度に呆れて
二度とファーウェイ製品を買うもんか!
と誓いました。その時は…

ですが、HUAWEIって、よくよく調べると

華為技術 - Wikipedia

年間約40兆円稼ぐモンスター企業なんすねw

中国4000年の歴史はスゲェw

 いやいや、そうじゃ無くて
以前よりスマホカメラに一眼の代替を求め続ける私としては
Leica共同開発デュアルカメラを搭載した:HUAWEI P5の存在が
気になって仕方なかったのです。

大好きなLeicaと大嫌いなHUAWEIのコラボ…
正直、買おうかどうしようか迷いました。

でも、この動画観て、ちょっと惹かれました
 
何か、良いやん。
スマホでLeicaっていいやん。

二度と買わないって言ってたけど
いつのまにか買ってましたw
IMG_2203
Leicaの赤バッジ。最高すぎる。
 
IMG_2204
嗚呼、Leica…


IMG_2205
開けてみた。Nexus 6Pのように
傷だらけだったらどうしよう…


IMG_2206
表から見ると真っ黒ですね。

BlogPaint
裏面の右上にLEICAって書いてる!
本体にも赤バッジつけて欲しかった…
というか、Nexus 6Pの時みたいに傷もなさそう!

色は少し紫っぽいグレーというか、
不思議な輝きの金属製です。

※モザイク部分にはIMEIが貼られていました。

IMG_2208
iPhone 7 Plusより使いやすい!?
という噂のデュアルカメラです。
参考ブログ:
iPhone 7 PlusとHuawei P9どちらの写りが好みですか? - ソタブロ


IMG_2209
本体一式を取っ払うと
3つの白い箱が登場します。


IMG_2215

なんと、保護ケースと保護フィルムが
標準で付いています!

ただ、ケースはハードケース、
保護フィルムはペラペラなので

オマケとして考えるべきでしょう。
私は下記を買い直しました。





IMG_2216
 あ、その他にもUSB-Cのケーブルや、
変換コネクタ、
イヤホン等も付いています。

IMG_2221
ACアダプタもついてました。
USBは2.0で旧型の四角タイプ対応です。


IMG_2217
ケースがまだ届かなかったので、適当なTPUケースと
付属の保護フィルム貼って電源入れてみました。
有機ELでは無いものの、液晶が超絶綺麗!!!

IMG_2219
この4つのサービスが、カウントフリー(使い放題)になります。
これってすごい画期的ですよね。LINEでメールも通話もできるし、
facebookとTwitterとInstagramがあれば、長時間退屈せずに
SNSを満喫することができます。これって本当にすごい!!!

ではでは写真撮ってみましょう。
IMG_20161204_185720
噂のワイドアパーチャモードです。
今は金麦にピントが合っています。
何とこのモード、撮影時だけでは無く
撮った後からでも
ピント位置の変更ができます!!! 

IMG_20161204_185720_1
ほらね。今度は手前の湯豆腐みたいなやつに
ピントが合いましたでしょう!?
これすごいよ本当に!!!


IMG_20161204_192955
ちなみに被写界深度の限界は、
擬似的ではありますが
F0.95という驚異的な数値
を叩き出します。 散らかった部屋で撮影しても
思いっきりごまかせますよw

22
ちなみにニャンコの写真のExif情報、
F0.95ですね! 

ただ、ここまでボカシすぎると
輪郭あたりが変になります。


本気の一眼レフには敵いませんが、
遊びで使うには十分でしょう!



次はモノクロ写真テストです。

IMG_2225
iPhone 6sで撮影(カラー写真を白黒化)

IMG_20161205_140342
HUAWEI P9 モノクロ専用センサー&レンズで撮影


ちょっと作例がイマイチで画角も違うのですが、
明らかにP9の方が情報量が多く、光も3倍
取り込み、高精細で独特な美しさです。


では、P9のカラーモードによる違いを見てみましょう。

IMG_20161206_074149
ソフトな色

IMG_20161206_074209
標準

IMG_20161206_074210
鮮明な色

ジッとしろニャンコめ!!!
ピントを外しまくり、申し訳ございません。


白ニャンコの作例では、あまり違いが
分かりません。というよりも、全体的に
他のスマホより色が濃密です。

というのも、このP5のカメラは
デュアルレンズなだけでは無く
センサーも2基搭載しているそうなんです。

参考ブログ:
時代はいまデュアルセンサー・カメラ!


普通のカメラはRGBの3原色で写真を
作っているんですが、P9のカメラはRGBの
カラー情報に加えて、モノクロ専用センサーの
情報も加わっているので、
黒色に締まりがある
んですね。

はい、欲しくなった方はコチラ!w



私はチタニウムグレーという
紫っぽいグレーを買いましたが、
他にも、白を基調とした
ミスティックシルバーもあります。


19

そして、各1,000台限定色の
レッドとブルーもあるようです。
(ただし5,000円くらい高めw)

私は最後まで、
チタニウムグレーと
限定のブルーで迷いました。






っていうか、HUAWEIいいじゃん。
Leicaカメラ最高っすよ!
名前だけLeicaの偽物じゃ無いっすよ!!

というのが、結論です。
これから使い倒していきたいと思います。